私の生理前のイライラはどか食いがとまらないことです。なぜこれがイライラにつながるのかというと、私の生理前のどか食いは約10日前から始まるからです。最初はああ、また生理前のどか食いがきたかというくらいなのですか、日にちが経つにつれ、どか食いはどんどんエスカレートしてきて1日中何かを口にしています。いつも大体朝昼晩の3食はもちろんのこと、10分おきくらいに冷蔵庫を開け何か食べ物をあさっています。冷蔵庫をあさっているときは大体無意識なのですが、たまにそんなことをしている自分にはっと気づいたときとても虚しく、悲しく、情けなくなります。また、わたしはドーナツが大好物であのミスタードーナツのドーナツを4つくらいぺろっとたべてしまいます。そんなことをしているとお腹は妊婦さんのように大きくなりタボっとした服しか着れなくなり、外へ出るのが憂鬱になります。そうなるといくら生理前の食欲だからといって少しは気をつけようとこころがけ、おやつはひかえようとするのですがそれがかえって私の食べたいという欲求に火がつき控えるどころか食べる量は一層ふえてしまいます。そして食べたことを後悔します。後悔してもう一度食べることを控えようと思うけれどまた食べてしまう。その悪循環の繰り返しが続きイライラを募らせてしまいます。そして生理が来る頃には体重は大体は3キロ増というのが当たり前。わたしはもともと肥満体質で普通の時でも153センチで体重61キロというのが普通です。それに3キロ増となればもうどうしていいのか、という気持ちになりまたそれがイライラへとそしてまた食べる、またイライラへと。負のループは尽きることがありません。そして、生理が終わるとやっと食欲は普通に戻り、わたしをあのイライラから救ってくれるのです。生理が終わる頃は食欲は普通にもどってきて大体生理前で増えた体重は減っていってくれるのでいいのですが、生理前のあのどか食いは本当に体的にも精神的にもキツイです。多分そういう時はもう我慢しないで食べ続けるほうがいいんだろうなと思います。イライラで食べ過ぎるのは体にも心にもよくないけど月に1回のことだと思うことも大切かなと思います。