生理前はホルモンのバランスの関係で気持ちがイライラする方も多いです。
私自身もイライラして当たることは少ないものの、言われた言葉に対して素直に受け取れず反発してしまったり、マイナスに受け取ってしまったりすることが増えました。
そんな自分に気づいてからは、生理前に心がけていることがあります。
1、イライラしている自分を受け入れる。
生理前にイライラすることにイライラしてしまう自分がいたので、そんな自分を受け入れることをまずしてみました。
「なんかイライラしてるし、浮き沈み激しいなー、生理前だからだ!」のようにです。そうすることで、浮き沈みが激しいことも受け止められますし、イライラすることにイライラしなくなりました。
2、ゆっくり過ごす
生理前のイライラ期間は、自分を労わる時間だと思い、いつもよりリフレッシュの時間を増やしたりすることで、気持ちが切り替えられます。
3、リフレッシュ方法
まずはお肌のエステにいってみたり、マッサージをする、あとは、ヨガで気持ちを穏やかに整えるなどもとても効果的です。
4、睡眠をしっかりとる
生理前は眠たくなります。
眠たいときは早めに寝て体を休めることをします。体が疲れていると心も余裕がなくなる場合があるので、眠たいときはしっかりと寝て体を休めます。
5、気持ちに正直に動く
例えば、買い物に行こうと思っていても気分が乗らないときはやめることもよいでしょう。
それが人との予定をキャンセルするなどはよくありませんが、自分一人に関してだと気持ちのままに動く日をつくるのもよしです。

また、テンションがあがることをしてもよいです。買い物をすることがテンションあがる人もいれば、掃除をすることで心がスッキリする人もいます。カフェや家でゆっくりするのもよいです。自分の気持ちと向き合う時間と私は常に生理前の時間を設定しています。
生理前のイライラや気持ちの浮き沈みはとても嫌です。人に当たったことで、また自己嫌悪になることもありますし、浮き沈みがあるとしんどいです。
そんな自分を知り、少しでも気持ちが楽になれば人との関わり方も変わってくるでしょう。いろいろな対処方があるかと思いますが、その場だけの対処ではなく、根本的な対処につながればよいですね。